スポーツ特化クラウドファンディングまとめ

2014/03/04

今、全世界でクラウドファンディングの波が来ていますね。

海外ではKickstarterIndieGoGoを初めとしたクラウドファンディングがITやスタートアップ界隈以外にも広まってきております。

最近は○○特化型のようなクラウドファンディング等もよく見かけるようになってまいりました。

例えば今回の知事選で一躍時の人となった家入一真氏が以前立ち上げて物議を醸した学費の為のクラウドファンディングのStudygift

そのほかにはアート特化型のFUNDIY等があります。

私が個人的に注目しているのがスポーツ特化型クラウドファンディングです。

track

サポーターが選手を応援すると言う点においてスポーツとクラウドファンディングは非常に親和性が高いと思います。

以前からCAMPFIRE等ではスポーツ選手やチームを応援するといった企画はありましたが、

分野ごとに特化することによってターゲットを絞り込んでより効果的に資金を集めることが可能になって来てますね。

証拠にスポーツ特化型のクラウドファウンディング、現在ググってすぐ発見できるだけでも既に3つ存在してます。

今回はその3つを色々と調べてみました。

アスリートエール(Athlete Yell)

049441a1e321af5c7887afa07f31fc85_s

運営団体:一般社団法人アスリートエール
公式HPによると

「2010年6月から試験運用を開始し、実験期間を経て、2012年11月より一般社団法人体制にて本格スタート」

とのこと、試験運用期間も込みで考えると約3年半になります。

FBページのいいね!の数も現時点(2014年3月)で1,635人、現在最大手。

サービスそのものと運営団体が同じで、一般社団法人というのも特徴。

公益性で言えば間違いなくNo.1。

スポーティー・ファンド(Sportie FUND)

運営団体:株式会社スポーツITソリューション (Sports IT Solution, Inc.)
資本金:4,000万円
株主:株式会社クララオンライン(51%) 株式会社電通(49%)

building

代表取締役会長が家本賢太郎氏、代表取締役社長は元電通社員の石元龍太郎氏

そもそも、この株式会社スポーツITソリューション (Sports IT Solution, Inc.)という会社自体が電通の社内企業制度によって創設された会社とのこと。

ムジカラボ | 第19回 石元 龍太郎 「21世紀のより良いスポーツ環境の実現を目指す。」

電通のバックアップがあるので今後潤沢な資金やメディアを通じたプッシュなどの強みを駆使し、アスリートエールの牙城を崩しにかかってくるかもしれませんね。
会社の設立が2010年2月24日なので、アスリートエールとはほぼ同時期に立ち上げたと考えて良いでしょう。
そしてもう一つの大株主である株式会社クララオンラインという企業は中国やシンガポールを拠点にホスティングや通信ビジネス等をやっている会社。

ちなみにFBのいいね!数はスポーツ・イノベーション・ラボ(スポーツITソリューション)の名義で700人ちょっと。
大体アスリートエールの半分ほどですね。

ALLEZ japan(アレ!ジャパン)

えっ、どれ?

de58cae8b3613951765c0a6db5c71236_s

個人的にはネーミングセンスに問題があるような気がしますがいかがでしょうか・・・。

運営団体:有限会社サイバービジョンコンサルティング
代表者:田村 聡
事業内容:
・ WEBサイトデザインおよび制作
WEBサービス構築および運営
・ 商品開発、販促等のコンサルティング
システム開発
・ トライアスロン、オープンウォータースイム用ウエットスーツ開発
・ ビーチテニス用パドル(ラケット)デザイン
・ その他商品開発

なんだか色々やってんなー。という感じ。

このご時勢に有限会社って凄いですね。

会社自体がスポーツの根底部分にがっつり関わっていて実利に関わる分、本気でスポーツを応援したいと言う熱意は伝わってきます。

実際、事業内容に関するスポーツの企画が多いです。

ただしFBページいいね!の数は260ちょっと寂しい感じ。

それもその筈TOPページにいいね!ボタンがない、というかどこにもない。

システムもGREEN FUNDINGという外注のシステムを使ってるようです。

スタッフにもグラフィックデザイナーと広報しか記述が無い。

ホントにWEBサービスの構築とかシステム開発なんてしてるの?という疑念がぬぐえない。

スポーツ クラウドファンディング」と検索するとアスリートエールより上位にくるみたいなのでそんなこたぁどうでもいいちゃあどうでも良いんですが・・・。

まとめ

色々ありますけど個人的に応援したいのはアスリートエール(Athlete Yell)かなぁ。

僕の周りのスポーツ業界に携わる人も、結構いいね!しているみたいだし一般とはいえ社団法人だから利益追求の株式会社よりは信用できそう