Monacaで開発&ビルドしたアプリをGoogle PlayStoreで公開


前回の記事でデバック用のapkファイルを作成しましたが、今回はリリース用ビルドを行います。

MonacaBuild

まずリリース用ビルドを行うにはキーストア登録を行う必要があります。

キーストアの設定はUI画面の上部メニューの「設定>Androindキーストア設定」から行うことが出来ます。

キーストア設定画像

キーストアとは

キーストアとは、署名を行うための証明書(秘密鍵)となります。キーストアはパスワードで暗号化されています。パスワードを紛失すると、キーストアは復元できなくなります。Monaca では、キーストアを作成するか、または、既存のキーストアをインポートできます。キーストアを作成する場合は、キーストアのパスワードも登録します。インポートする場合は、キーストアのアップロードを選択し、キーストアに含まれるパスワードを入力します。キーストアは、実際にパッケージを署名するためのキー(エイリアス)を格納するために用います。そのため、キーストアを紛失したり、別のキーストアで上書きを行った場合は、署名されたパッケージを同じキーで署名することができなくなります。キーストア設定 (Android)では、リリース版のビルドに必要なキーストアの管理、およびエイリアスの管理が行えます。Androidキーストアは以下のように設定できます。

– Monaca Docs –

という説明にある通り、電子署名に使うID(エイリアス)とパスワードみたいなものだと思えばOKです。

デバッグビルドでは、この署名がダミーで行われるためリリースできません。

Monacaでは簡単なIDとパスワード入力するだけでこのキーストア設定ができるのであとからビルドしたアプリケーションファイルをMonaca以外で扱う場合以外は特に心配することはありません。

この設定が終わるとリリースビルドが選択可能になります。

ビルド画像

あとは手順に従ってビルドしていくだけでGoogle PlayStoreにアップロード可能なapkファイルが生成されるのでこれをダウンロードします。

リモートビルド

すると「おめでとうございます!」と祝福されるのでそのままGoogle PlayStoreにアップロードしたい場合は「ローカルPCにダウンロード」を選択、まだ実機のAndroidで動作確認をしたい場合はその他の選択肢「QRコードからインストール」又は「登録メールアドレスにインストール方法を通知」を選択して手順に従い実機にインストールを行います。

ここまででMonacaで行う作業は終了です。

Google Play Developer Consoleへ登録

今の世の中殆どの人が既にG-mailやらYoutubeを通してGoogleのアカウントを持っていると思うのでGoogleアカウント登録については割愛します。

Google Play Developer Consoleに登録したいGoogleアカウントへログインしたらこちらのリンクへ飛びます。
※「Google Play developer console」等とググっても1番目に出てきます。

Google Play Developer Consoleサインアップ:
https://play.google.com/apps/publish/signup/

一応「ディベロッパー販売/配布契約書」に目を通して同意したら支払いへ進みます。

Google Play Consoleサインアップ

登録には何処の国にいてもUSドル建てで$25かかります。

一度登録してしまえばそれでOKなのでどんな形であれモバイルアプリ開発に興味のある方はこの際、登録してしまいましょう。

支払いはGoogle Playに紐付けしてある支払い方法が自動で選択されるようですが、されていなければ支払い方法を選択して支払いを行います。

Google Play Console支払い同意画面

支払い後に住所や連絡先、ストアでの表示名、WebサイトのURL等ひと通り必要な情報を入力するとすぐにDeveloper Consoleが利用可能になります。

Developer Consoleのホーム画面上には既に登録したアプリ一覧と新規登録のボタンが表示されますが、登録直後には当たり前ですがアプリ一覧はありません。

Developer Console Home UI

先ほどのapkファイルをアップロードするには「+Add New Application」を選択します。

すると言語選択とタイトル入力画面が表示されるので入力します。

Developer Console 言語選択&タイトル入力

既にapkファイルが手元にある場合は左の「Upload APK」ボタン、まだ開発中だけどストアの雛形を作りたい場合は「Prepare Store Listing」を選択します。

今回は既にapkファイルが手元にあるので前者を選択しますが、その場合でもPublishする前にDraftとして保存しておくことが出来るのですぐにアップロードする必要はありません

アプリの登録画面が表示されるので必要な情報を入力していきます。

主に左カラムの「APK」「Store Listing」「Pricing & Distribution」の必須項目を埋めていきます。

Google Play Console アプリケーション登録画面左カラム

各メニューの必須項目を埋めるとグレーのチェックアイコンが青緑色に変わります。

このチェックが全て付いたらとりあえずPublishの準備は完了です。

APK

この項目ではapkファイルのアップロードを行います。

製品版ファイルの他にβテストやαテストのファイルもアップロード可能ですが今回はそのまま製品版にアップロードします。

Upload your first APK to Production」のボタンをクリックするとアップロード画面が表示されるのでファイル選択又はドラッグ&ドロップでもOKです。

Store Listing

この項目では先ほど入力したTitleの他にShort descriptionFull descriptionScreen ShotHi-res iconFeature Graphicに加えCATEGORIZATIONの選択とEmailの入力が必須項目です。

Screen Shotはスマホ、7&10インチタブレット、TVと4種類アップロード可能ですが1つだけでも問題ありません

必須項目のHi-res iconとFeature Graphicに加え、Promo GraphicとTV Bannerもアップロード可能でこれらの項目はサイズとAlphaチャンネル、bit数(png24/32)等が細かく決められているので注意書き通りに画像を書き出しましょう。

アップロードイメージリスト

Pricing & Distribution

Free(無料)を選択した場合は配信する国と配信デバイス(デフォルトでは一般的なAndroid機、任意でANDROID WEAR、ANDROID TV、GOOGLE PLAY FOR EDUCATION等への配信)を選択します。

一度Freeで配信するとPaid(有料)には変更できないとの注意書きがあります。※逆はいつでも可能

一方PAIDを選択するには予めGoogle Wallet Merchant(旧Google Checkout merchants)への登録が必要です。

尚、選択した場合にはDefault priceには開発者の居住地の通貨が自動で選択されます。(変更は出来ないようです。)

その他配信国には国ごとの価格設定が可能ですが、1つずつ行うのは面倒なのでAuto price conversionを利用してその日のレートで自動換算します。

その他はFreeと同様です。

Paid選択時の画面

全ての必須項目を埋めて右上のPublishボタンを選択すると審査が始まります。

アプリにもよりますが簡単なアプリであれば数時間程度で審査を通過してPlayStoreに登録されます。

登録されたアプリがこちら。

Google Play – 陸上混成競技計算ツール
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cityjumperweb.decathlon

今回は試しに有料登録やってみたかったのでしょぼいアプリですが有料にしてみました。

良かったら試しに買って下さい!(笑)

これにてMonacaでAndroidアプリ開発&配信を終わります。

前編はこちら:
MonacaでHTMLとJavaScriptを使ってMobileアプリ開発