jQuery(JavaScript)でスクロールに合わせて少しずつ背景画像を動かす方法。


パララックスっぽく背景画像をの設置する方法

普通に背景画像を設置するともちろんスクロールに合わせて背景画像も動きます。

固定したい場合はbackground-attachment:fixedで固定すれば良いのですが、その中間というかスクロールに合わせて他の要素よりはゆっくりめに少しずつ動かして遠近感というかパララックスっぽい視覚効果を得たい場合の背景画像の設置方法。

まずは背景画像を設置background-attachment:fixedで配置します。
次にbackground-position-y(縦スクロールの場合)の値を%で指定します。(50%で真ん中)
あとは必要に応じてbackground-sizeやrepeatの設定を行ったらCSSの準備は完了。

pxでなく%で設定する理由は汎用性が高くレスポンシブに対応できるため。
画像や要素のサイズが決まっていればpxで指定したほうがサクサク動くかもしれません。

次にjQueryで行う事は3つ

1.Body(背景画像を設置する要素)の高さの取得
2.スクロール位置(TOP)の取得
3.以上の値からbackground-position-yの値の取得

簡単ですね。
CSS

JS

サンプルはこちら。

80/getHeight*ScrollTop+10;の部分は何をやってるのかというと中学数学レベルで難しい事は無く、動かす値(80)を最大値(getHeight)で割って1pxスクロール当たり何%動くかを計算、それにスクロール値(ScrollTop)を掛けたものに初期値(10)を足しています。

厳密にはgetHeightでは最大値+ウィンドウの高さですがこの大きさの場合誤差レベルというか入力する値で動き方を調節すれば良いだけなので無視します。
気になる人やもっと小さい要素で行う場合はwindow.innerHeightでウィンドウの高さも取得してください。
ウィンドウサイズ変更に伴う挙動も気になる人はwindow.onresizeのイベントハンドラで関数を作ってgetHeightを実行してください。

ちょっと長くなりますがこんな感じだと思います。(ちなみに上のサンプルは此方で実装してます)

画像とウィンドウの比率によっては画像が切れたりあまり動いてないように見える事があるのでそこら辺は調節してください。

最初から割と縦長の画像を使ったりリサイズ時に画像を切り替えてもいいかもしれません。

今回は下に動かしましたが、上下左右どこでも好きな方向に移動できます。(左右の場合はbackground-position-xを操作して最大値もHeightではなくWidthを取得します。)

body以外の複数にも設定することでよりパララックスな感じを出すこともできると思います。

※とりあえずやりたかった事を自分なりに実装しただけであまりちゃんと調べてないので、もっと簡単に実装できる方法もあるかもしれません。

モバイルでも使えますが端末とブラウザによってはカクカクします。

スマホでパララックスはまだ厳しいかなぁ。


RBGからRGBA(白背景)に変換する方法。


記事の内容なんてどうでもいいから変換したい方はこちら→RGB to RGBA変換ツール

ググったら逆パターン(RGBA→RGB)の記事は結構でてきて変換ツール等も沢山出てきたけどRGBからRGBAに変換は日本語記事が見当たらなかったのでメモ。

ちなみに逆パターンの一番簡単な方法は表示させてスクリーンショットしてフォトショとかイラレのスポイトツールでチェックしてやれば計算なんてしなくてもRGB化できます。

変換ツールとかも結構あります。

yolijn.com | convert rgba() to rgb()

けどRGB→RGBAは結構厄介で透明度と色の組み合わせによってはほぼ不可能な場合もある。

ググっても中々分かり易い答えが出てこないし数学の得意な人なら背景色も含めての計算も出来るのかもしれませんが、僕にはノーアイデアです。

準備(16進数→RGB)

変換したいけど#121212みたいな16進数カラーコードしかわからないという方はまずこちらでRGBへ変換してください。

16進数(HEX)からRGBへの変換

RGB→RGBA

では本題へ移ります。

早速白背景(255,255,255)計算式。

今回僕がやりたかったピンクっぽい227,97,81を参考に説明します。

まず透過したいカラーのRGB値から一番低い値を取ります。(81)

次に背景色の値を取ります。(255)

(背景色) – (一番低いRGB値) / (背景色) = 透過度

が求められます。(理由は分かりません。)

(255-81)/255 = 0.682352…. = 68%

次にこの透過度を使ってRGBAの値を求めていきます。

(RGB値) – (一番低いRGB値) / 透過度

この式にそれぞれの値を入れて計算します。

Red:(227-81)/0.68 = 214.7058….
Green:(97-81)/0.68 = 23.5294
Blue:(81-81)/0.68 = 0
Alpha:0.68

つまりRGB(227,97,81)は大体RGBA(215,24,0,.68)と書き換えられます。

この計算式を元にjQueryとJavaScriptを使った簡単なツールも作ってみました。

RGB to RGBA変換ツール

ツールのソースはこちら。

上のツールは入力の時点で例外を弾いた簡易的なコードですが詳しく処理すると以下のようになるみたいです。

参考:

Convert RGB–>RGBA
-stackoverflow-


Nuit Blancheというコンテンポラリーアートのお祭りに行ってきたよ。


今日はWEBとは全く関係のないお話。

カナダ・トロントでは毎年10月の頭頃にカナダのメガバンクの一つScotia Bank主催のNuit BlancheというArt Eventが行われます。

もともとパリ発らしく調べたら京都でもやってるっぽくコンセプトはSun Set to Sun Riseという事で日暮れから朝方までのEventなので照明やネオンが綺麗なアートが多いのが特徴。

読み方は多分ニューイットブランチ。

周りのカナディアンはみんなそう発音してました。

フランス語だと多分tの音が抜けてchは硬口蓋摩擦音なのでニュイ ブランシュ?ブランシェ?みたいな感じだと思います。

Torontonianなら知らない人はいないほど大きなお祭りなのでトロントに来た方は是非1度は行っておくべきお祭りの一つです。

他にこの規模のお祭りとなると夏にあるLGBTのPride Paradeと南米系のお祭りCaribanaくらいだとおもいますが、この2つはちょっとアクが強いので好き嫌いがありそう。

Nuit Blanche自体は今のところ3年連続で行っているのですが毎年面白いアートと自称あーてぃすと(笑)が作ったようなBull Shitの混在するカオスな雰囲気が大好きです。

日本の祭りのようなテキヤなどはありませんが、対象エリアのスタバやファーストフード店、フードコンテナ等ははオールナイトで営業しているところも少なくありません。

あとはLazyで有名なTTC(トロント市内の公共交通機関)も驚きの深夜営業をしてくれるのでTTCの怠けっぷりを知っているトロント人からするとそれだけでも行く価値があるんじゃないでしょうか。

そんなこんなでイベント中に撮った(自分が撮ったわけではないが)写真をいくつかシェアしたいと思います。

まずは今回のイベントの目玉CNタワーからトロント全域を照らす虹の光線その名も『Global Rainbow』

こちらはChina Townからの眺め
Nuit Blanche Toronto 2014 - CN tower&Global Rainbow 1

Nuit Blanche Toronto 2014 - CN tower&Global Rainbow2

Nuit Blanche Toronto 2014 - CN tower&Global Rainbow 3

Nuit Blanche Toronto 2014 - CN tower&Global Rainbow 4

ムネリンこと川崎宗則の本拠地Rogers Centreスタジアム前。
Nuit Blanche Toronto 2014 - CN Tower and Rogers Centre

その他に夕暮れから夜中にかけて行列ができていたのが『Walk Amang Worlds』
Nuit Blanche Toronto 2014 - Walk among Worlds

混んでいる時間帯に行列があったインストレーションは明け方4時過ぎ頃に行ったので一切並ばずに見れました。

イルミネーションが綺麗でしたが単なる大量の地球柄のビーチボールだったので並ばなくて良かった。

他にも『Amaze』という迷路みたいなものに行列ができていましたが、こちらも明け方には一切並ばずには入れました。
Nuit Blanche Toronto 2014 - Amaze

Amazeみたいな展示物は正直中から見るより外から見たほうがアートとして楽しめました・・・。

これに限らず数に限りがあるようなエキシビション以外はどんなに混んでいるものでも明け方に行けば並ばずに入れるので10分以上並んでまで見る程のものではありません。

一切並ばずに歩き回っても余程急ぎ足で見て回らない限り12時間あってもすべて回りきるのは難しいです。

明け方までいられない人でも並ばずに入れるものだけを歩き回って見たほうが楽しめると思います。

3年連続通っている者からのアドバイスとしては『出来るだけ並ぶな。』といったところでしょうか。

その他の写真

Nuit Blanche Toronto 2014 - Fort York1

Nuit Blanche Toronto 2014 - Fort York2

Nuit Blanche Toronto 2014 - Do not Climb on the Art(Gap Ecology)

Nuit Blanche Toronto 2014 - Stomata

Photos by Paris Zheng

過去のビデオなどはこちら

ひとこと

この前近所のスーパーでムネリン見た。

ノーフリで買い物とは意外と倹約家なんだな・・・。


jQueryプラグインprettyPhotoのURL末尾#prettyPhotoを消す方法


#prettyphotoを消す方法

モーダルウィンドウでスライドするLightBox系のプラグイン。

Youtube動画等もスライドにできて便利なので利用してる人も多いと思います。

例:http://internationalinsights.net/photo-gallery/

公式サイト:http://www.no-margin-for-errors.com/projects/prettyphoto-jquery-lightbox-clone/

上記URLのように普通に設置するとスライドをクリックした際にURL末尾に#prettyPhoto[ギャラリー名]/番号/といったような具合に勝手にブラウザ上のURLが変更されます。

しかも元の画面に戻ると#prettyPhotoだけが残るという謎仕様・・・。

表示するメリットもありますが説明は割愛します。

表示したくない場合はスクリプトタグ内に以下のコードを入れてください。

これでOK(なはず)です。

例:http://filmartist.ca/photogallery/

尚WordPressで利用したい場合はRoyal PrettyPhotoというプラグインを利用すると簡単に導入できます。

 

 

images

 

mzl.liyhutwn

de58cae8b3613951765c0a6db5c71236_s

 


こんな感じでどんなサイズの写真でも簡単にスライドにしてくれます。

WPプラグインなら1分以内に導入可能なのも嬉しいですね。

 

 

参考URL:

http://stackoverflow.com/questions/16692439/how-to-remove-the-prettyphoto-from-the-url


【最新版】クラウドソーシングのLancersを使ってみた感想


いままで登録だけはしていたけど放置気味だったクラウドソーシングサービスのLancersをちょっと真面目にやってみました。

lancers

Lancersのシステムにはコンペ方式プロジェクト方式タスク方式と3つの方式があります。

プロジェクト方式の細かい点についてはここのブログが全てを物語っているのであえて感想は書きません。

スキルの安売りはしたくないので何度か割に合いそうな提案に割に合いそうな金額よりちょっと安めの金額設定で、納品計画も最速プランで提示してみたものの金額の折り合いがつかないとの事で断られた・・・。

請け負った人は多分自分より一回りほど安く請け負ってるんだろう・・・。

ある意味凄い。

そして以前Viibarを紹介した記事でも触れたとおり、ランサーズ外での仕事実績にはあまりスポットが当たらず、先発有利な感じですね。

特に最初の仕事をゲットして☆と勲章みたいなマークをもらえるまでは修羅の道。

過去の受注件数が提案者リストでもかなり強調されるので最近始めた後発組は不利になる仕組み。

そんなこんなで2週間くらいLancersを真面目にやって思った事を幾つかまとめてみました。

・「自演多すぎ」
・「スキルのワゴンセール」
・「暇つぶしの小遣い稼ぎにはいいかもね」

てな感じです。

自演多すぎ

先ほども触れたとおり受注件数が受注先選びの重要なファクターになっているので自演してLancersに金を落としてまで☆と受注件数を稼ぐ輩も少なくない。

プロフィールがコーダーとかWEB制作で実際そういった仕事を受注してるにもかかわらず似たようなレベルの同じような仕事を発注している意味の分からない人。

そこまであからさまなのは少ないけど臭いランサーは沢山いる。

それに取って付けた様なありきたりなコメントつけてるしいや、これ絶対自演だろ。

Lancers的にはお金落としてくれりゃ何でもいいんだろうけど新参者や自演に敏感な鍛え抜かれたネットユーザーからしたらカオスに見える。

予算や方針などを提示するだけの「プロジェクト」ならまだいいが実際にデザインやらを作って提示する「コンペ」でやられると笑えない。

2chスレとかチラっと覗いてみたけれど仕事する側に末期間が漂ってる。

もうちょっとID確認とか徹底して運営が真面目に取り締まってくれれば良いんだがそんな兆しは無い。

複アカ自体は規約で禁止されていてバレたら垢BANと全報酬没収らしいけど個人と法人アカを使い分けるのはOKらしい。

これは運営にメールして確認したから間違いない。

以下運営からのメール

このたびは、所属されている会社(法人様)でのアカウントと、個人的なご利用の
ための2つのアカウントでのご利用と存じますが、この場合は明確にご利用用途が
分かれているかと存じますので、複数アカウントとはなりませんのでご安心を
いただけますと幸いでございます。また、振込先口座につきましては、ご連絡をいただきましたとおり、 

ご登録氏名(または社名)と、口座名義の一致を確認の上お振込を
させていただいております。

法人アカなんてIDチェックが難しいけど作るの自体は個人アカと同じくらい簡単だし事実上複アカによる自演を黙認しているようなもの。

スキルのワゴンセール

先ほども触れたが単価がやっすい。

驚くほど安い。

スーパーサイヤ人のバーゲンセールよろしくクリエイターの在庫処分ワゴンセール

例えばWord Pressでのページ構築の見積もりはWord Benchさんの以下のエントリーにもあるように安く見積もっても20万近くかかるものです。

WordPressサイトを構築するといくらかかる? 見積り勉強会で価格を出してみた

けれども5,000~50,000円でやって欲しいって提案がメチャクチャ多い。

それで実際にいくつも提案があって成立してるから怖い。

意図的に相場を下げている連中でも居るんじゃないかと疑うレベル。

5万円以下でWP導入なんて無料テンプレート設置&ちょこっとしたデザインだけで良いなら考えるが絶対やりたくない。

これクリエイターやプログラマみたいな使われる側の地位が際限なく下がり続ける。

時代は廻るとはまさにこの事、産業革命直後の労働者と資本家を彷彿とさせますね。

普通の会社なら法律に守られたり、労組が阻止したりするんだろうけどそういった枠組みが無いからいずれは1000円でウェブサイト作ってって言われても作る人が出てくるんじゃないだろうか・・・。

というかクライアント側もそんな値段で作ったクオリティで良いんだろうか・・・。

コード1行仕込むだけで目には見えない色んなプログラム仕込めるのに顔も見えない相手がそんな低価格で作ったホームページなんて何仕込まれるかわかったもんじゃないぞ。

以前クラウドソーシングに日英翻訳を頼んだら糞だったと某メディア関係で働くカナダ人が仰ってました。

ロゴデザインにしても日本はまだマーケット自体日本国内に収まってる分なんじゃこりゃっていうレベルのロゴでも倍率が低いと偶に選ばれたりすることがあるけど英語圏のクラウドソーシングのレベルがヤバイ。

99 Designsとかのロゴコンペ見てるとこの値段でこのクオリティ作っちゃう?ってのが多い。

そりゃ時給100円以下で物価のメチャクチャ低いような後進国の連中も受注してるんだからそうなるわな。

Lancersが英語に対応したら今コンペで稼いでるクリエイターの9割は死亡するんじゃないだろうか。

それ以外にもPinterestとかGoogle画像検索から拾ってきた画像トレースしたり二次配布禁止の素材使って作ったりとパクリが横行してるのも重大な問題。

パクリ例はこちら(Lancersパクリ検証)

暇つぶしの小遣い稼ぎにはいいかもね

「プロジェクト」と「コンペ」のほかにタスクというものがある。

やっすいWEBライターみたいなことしてお金稼ぐ方法。

結構ガッツリやって偶々割りの良い案件があれば時給1000円以上行くこともあるのでBlogosやらSNSに長文書き込みが好きな人は代わりにタスクをやればお金にもなって一石二鳥。

受取報酬の金額が徐々に上がっていくのが面白くて最初はゲーム感覚で楽しめる。

文章書くのと箱庭系のブラゲとかが好きな人ははまるかもしれない。(自分は既に飽き始めていますが・・・。

ただ認証率とか言うものがあって提出したタスク全体の95%以上が承認されないと出来ない仕事も多い。

とはいってもコピペや使いまわし、日本語が不自由っぽい方も少なくないみたいなので真面目に書いていれば大体認証される。

エステやダイエット、全身脱毛やら風俗仕事などのテーマで書いて欲しいって案件も多いので主婦の小遣い稼ぎには良いかも。

5日で支払い済と承認済合せて2万円程度稼いだけど真面目に書いてた物ばかりなので今のところ認証率は99%

腐ってもNDA等あるので仕事内容まで書けませんが拒否理由は馬鹿げた理由。

今後の参考にと理由を聞いても法人の癖に対応が物凄く酷かったので即ブロックした。

「今後お取引をさせていただくことはありません」とか言われたけれどこちらから願い下げです。

message

プロフィール覗いたら案の定自演の受注が数件、スパムまがいのSEO対策に利用している業者も沢山居るし発注する側は匿名でも登録出来るので全体的にクライアントの質も低い。

質問などのメッセージへの対応も丁寧な良いクライアント様も中にはいますがそれ以上に糞クラ、地雷クライアントが多い。

タスクも飽きてきたし潮時かなぁ・・・。

まとめ

海外のビジネスモデルをそのまま日本に取り込んだクラウドソーシングですが、海外では既に2009年頃からその問題点は色々と指摘されています。

ホリエモンがホリエモンチャンネル等でもクラウドソーシングをごり押ししてますが、確かに経営者とか発注する側にはメリット多いですね。

フリーランスにもメリットはありますが現状ではデメリットのほうが多い感じ。

従業員を大事にしない企業は先が長くないとは良く言いますが、こういったクラウドソーシングサービスがクリエイターやプログラマーを大事にしなければ先は長くないかなぁと思います。

もし最低報酬を保障して悪質なクライアントはフィルターにかけてくれるようなクラウドソーシングのサービスが登場すれば良いクリエイターは皆ソッチに流れます。

そういう感じで優良なクライアントとクリエイターだけを吟味してるサービスがViibarのようなサービスなんでしょうけど現状は色々と詰めが甘い。

そういえば昨日もなんか誤送信メールが来てた・・・。

クラウドソーシング自体は良いビジネスなんですけど使う側の人間と法整備などがまだまだ追いついていない感じでしょうか。