Adobe Flash Playerアップデートを装った詐欺サイトのクオリティがちょっと高い


Adobeの偽サイトのクオリティが高い

海外サイトを巡回していたらどこかを誤クリックしたのか、改竄されたインラインフレームかなにかで勝手にリダイレクトされたのかは良く分かりませんがAdobe Flash Playerの偽サイトに飛ばされました。

全部英語なので日本からアクセスしている人はまず引っかからないと思いますが、一見リアルっぽいので要注意。

adobes1

URLも良く見るとAdobeではなくAdobesとなっておりドメインも.comではなく.usとなってます。

英語圏の人は複数形だと思ってしまう人もいるんでしょうか。

ちなみに下層ディレクトリにもアクセスしてみたところどのページも404 Forbiddenでした。

アクセスしてみるとこんな感じでalertウィンドウが表示されます。

Adobes2

もちろん×を押してもOKを押しても次に進んでsetup.exeのダウンロードが勝手に始まります。

Adobes3

そしてサイトのデザインがこちら。

Adobes4

本物がこちら。

AdobeReal

普段から.swfを吐き出すような仕事もしているのでFlashやAdobeのロゴの違和感にはパッと見で気付きますがPCに疎い人には危なそう・・・。

というわけなのでぱぱっとAdobe公式HPのセキュリティ報告フォームにこのことを報告。

report

おわり。

ひとこと

このブログに来るような層は大丈夫だと思います。

こんな記事を書いても伝えたい人達に伝わらないジレンマ。

追記

まとめサイトなどからも飛ばされることがあったので原因を調べてみたところ、どうやらYahoo!等の広告サービスにスクリプトが仕込まれていたようです。


午後6時以降仕事のメールや電話は違法です。【フランス】


記事ソース:It’s Now Illegal to Answer Work Emails After 6 p.m. in France

記事内容訳とか

France is banning employees from checking and answering work emails after 6 p.m. local time, as one of the most enchanting places to live becomes one of the most enchanting places to work. (This is the same country that created the 35-hour workweek in 1999, if you weren’t jealous enough already.)

building

フランスは世界で最も住むのに魅力的な場所が世界で最も働くのに魅力的な場所になるため現地時間の6時以降仕事のメールや電話を受けるのを禁止しました。

(この国は同じく1999年に週35時間の労働を義務付けた国で、ひょっとするとコレすら既にうらやましく思える人もいるかもしれません。)

おふらんすでは従業員が午後6時以降仕事のメールや電話を返すのは違法になるらしい。

もちろんGoogleFacebookフランスオフィスも例外ではない。

google1

色々とからくりはありますが実にフランスらしい。

ちなみにこういった取り組みは既にドイツでも一部行われているようです。

ひとこと

カナダがこれに続いてくれれば会社勤務も悪くないかも・・・?。

日本は国はお国柄こういう流れには絶対続けなそうですが世界基準になれば嫌でも従う?

というかフランスみたいに外部から資源が入ってくる国は良いけど日本がやったら経済持たないか・・・。

de58cae8b3613951765c0a6db5c71236_s

というか日本に憧れているフランス人沢山いるけど日本に来て働いたら1日で過労死するんじゃないか・・・。

こんな記事もみつけました。

【日本人と外国人の違い】数字でみるフランス人との12の違い
フランス情報:マダムリリー

怠け者と思うか羨ましいと思うかはアナタ次第・・・。


【最新版】クラウドソーシングのLancersを使ってみた感想


いままで登録だけはしていたけど放置気味だったクラウドソーシングサービスのLancersをちょっと真面目にやってみました。

lancers

Lancersのシステムにはコンペ方式プロジェクト方式タスク方式と3つの方式があります。

プロジェクト方式の細かい点についてはここのブログが全てを物語っているのであえて感想は書きません。

スキルの安売りはしたくないので何度か割に合いそうな提案に割に合いそうな金額よりちょっと安めの金額設定で、納品計画も最速プランで提示してみたものの金額の折り合いがつかないとの事で断られた・・・。

請け負った人は多分自分より一回りほど安く請け負ってるんだろう・・・。

ある意味凄い。

そして以前Viibarを紹介した記事でも触れたとおり、ランサーズ外での仕事実績にはあまりスポットが当たらず、先発有利な感じですね。

特に最初の仕事をゲットして☆と勲章みたいなマークをもらえるまでは修羅の道。

過去の受注件数が提案者リストでもかなり強調されるので最近始めた後発組は不利になる仕組み。

そんなこんなで2週間くらいLancersを真面目にやって思った事を幾つかまとめてみました。

・「自演多すぎ」
・「スキルのワゴンセール」
・「暇つぶしの小遣い稼ぎにはいいかもね」

てな感じです。

自演多すぎ

先ほども触れたとおり受注件数が受注先選びの重要なファクターになっているので自演してLancersに金を落としてまで☆と受注件数を稼ぐ輩も少なくない。

プロフィールがコーダーとかWEB制作で実際そういった仕事を受注してるにもかかわらず似たようなレベルの同じような仕事を発注している意味の分からない人。

そこまであからさまなのは少ないけど臭いランサーは沢山いる。

それに取って付けた様なありきたりなコメントつけてるしいや、これ絶対自演だろ。

Lancers的にはお金落としてくれりゃ何でもいいんだろうけど新参者や自演に敏感な鍛え抜かれたネットユーザーからしたらカオスに見える。

予算や方針などを提示するだけの「プロジェクト」ならまだいいが実際にデザインやらを作って提示する「コンペ」でやられると笑えない。

2chスレとかチラっと覗いてみたけれど仕事する側に末期間が漂ってる。

もうちょっとID確認とか徹底して運営が真面目に取り締まってくれれば良いんだがそんな兆しは無い。

複アカ自体は規約で禁止されていてバレたら垢BANと全報酬没収らしいけど個人と法人アカを使い分けるのはOKらしい。

これは運営にメールして確認したから間違いない。

以下運営からのメール

このたびは、所属されている会社(法人様)でのアカウントと、個人的なご利用の
ための2つのアカウントでのご利用と存じますが、この場合は明確にご利用用途が
分かれているかと存じますので、複数アカウントとはなりませんのでご安心を
いただけますと幸いでございます。また、振込先口座につきましては、ご連絡をいただきましたとおり、 

ご登録氏名(または社名)と、口座名義の一致を確認の上お振込を
させていただいております。

法人アカなんてIDチェックが難しいけど作るの自体は個人アカと同じくらい簡単だし事実上複アカによる自演を黙認しているようなもの。

スキルのワゴンセール

先ほども触れたが単価がやっすい。

驚くほど安い。

スーパーサイヤ人のバーゲンセールよろしくクリエイターの在庫処分ワゴンセール

例えばWord Pressでのページ構築の見積もりはWord Benchさんの以下のエントリーにもあるように安く見積もっても20万近くかかるものです。

WordPressサイトを構築するといくらかかる? 見積り勉強会で価格を出してみた

けれども5,000~50,000円でやって欲しいって提案がメチャクチャ多い。

それで実際にいくつも提案があって成立してるから怖い。

意図的に相場を下げている連中でも居るんじゃないかと疑うレベル。

5万円以下でWP導入なんて無料テンプレート設置&ちょこっとしたデザインだけで良いなら考えるが絶対やりたくない。

これクリエイターやプログラマみたいな使われる側の地位が際限なく下がり続ける。

時代は廻るとはまさにこの事、産業革命直後の労働者と資本家を彷彿とさせますね。

普通の会社なら法律に守られたり、労組が阻止したりするんだろうけどそういった枠組みが無いからいずれは1000円でウェブサイト作ってって言われても作る人が出てくるんじゃないだろうか・・・。

というかクライアント側もそんな値段で作ったクオリティで良いんだろうか・・・。

コード1行仕込むだけで目には見えない色んなプログラム仕込めるのに顔も見えない相手がそんな低価格で作ったホームページなんて何仕込まれるかわかったもんじゃないぞ。

以前クラウドソーシングに日英翻訳を頼んだら糞だったと某メディア関係で働くカナダ人が仰ってました。

ロゴデザインにしても日本はまだマーケット自体日本国内に収まってる分なんじゃこりゃっていうレベルのロゴでも倍率が低いと偶に選ばれたりすることがあるけど英語圏のクラウドソーシングのレベルがヤバイ。

99 Designsとかのロゴコンペ見てるとこの値段でこのクオリティ作っちゃう?ってのが多い。

そりゃ時給100円以下で物価のメチャクチャ低いような後進国の連中も受注してるんだからそうなるわな。

Lancersが英語に対応したら今コンペで稼いでるクリエイターの9割は死亡するんじゃないだろうか。

それ以外にもPinterestとかGoogle画像検索から拾ってきた画像トレースしたり二次配布禁止の素材使って作ったりとパクリが横行してるのも重大な問題。

パクリ例はこちら(Lancersパクリ検証)

暇つぶしの小遣い稼ぎにはいいかもね

「プロジェクト」と「コンペ」のほかにタスクというものがある。

やっすいWEBライターみたいなことしてお金稼ぐ方法。

結構ガッツリやって偶々割りの良い案件があれば時給1000円以上行くこともあるのでBlogosやらSNSに長文書き込みが好きな人は代わりにタスクをやればお金にもなって一石二鳥。

受取報酬の金額が徐々に上がっていくのが面白くて最初はゲーム感覚で楽しめる。

文章書くのと箱庭系のブラゲとかが好きな人ははまるかもしれない。(自分は既に飽き始めていますが・・・。

ただ認証率とか言うものがあって提出したタスク全体の95%以上が承認されないと出来ない仕事も多い。

とはいってもコピペや使いまわし、日本語が不自由っぽい方も少なくないみたいなので真面目に書いていれば大体認証される。

エステやダイエット、全身脱毛やら風俗仕事などのテーマで書いて欲しいって案件も多いので主婦の小遣い稼ぎには良いかも。

5日で支払い済と承認済合せて2万円程度稼いだけど真面目に書いてた物ばかりなので今のところ認証率は99%

腐ってもNDA等あるので仕事内容まで書けませんが拒否理由は馬鹿げた理由。

今後の参考にと理由を聞いても法人の癖に対応が物凄く酷かったので即ブロックした。

「今後お取引をさせていただくことはありません」とか言われたけれどこちらから願い下げです。

message

プロフィール覗いたら案の定自演の受注が数件、スパムまがいのSEO対策に利用している業者も沢山居るし発注する側は匿名でも登録出来るので全体的にクライアントの質も低い。

質問などのメッセージへの対応も丁寧な良いクライアント様も中にはいますがそれ以上に糞クラ、地雷クライアントが多い。

タスクも飽きてきたし潮時かなぁ・・・。

まとめ

海外のビジネスモデルをそのまま日本に取り込んだクラウドソーシングですが、海外では既に2009年頃からその問題点は色々と指摘されています。

ホリエモンがホリエモンチャンネル等でもクラウドソーシングをごり押ししてますが、確かに経営者とか発注する側にはメリット多いですね。

フリーランスにもメリットはありますが現状ではデメリットのほうが多い感じ。

従業員を大事にしない企業は先が長くないとは良く言いますが、こういったクラウドソーシングサービスがクリエイターやプログラマーを大事にしなければ先は長くないかなぁと思います。

もし最低報酬を保障して悪質なクライアントはフィルターにかけてくれるようなクラウドソーシングのサービスが登場すれば良いクリエイターは皆ソッチに流れます。

そういう感じで優良なクライアントとクリエイターだけを吟味してるサービスがViibarのようなサービスなんでしょうけど現状は色々と詰めが甘い。

そういえば昨日もなんか誤送信メールが来てた・・・。

クラウドソーシング自体は良いビジネスなんですけど使う側の人間と法整備などがまだまだ追いついていない感じでしょうか。


スポーツ特化クラウドファンディングまとめ


今、全世界でクラウドファンディングの波が来ていますね。

海外ではKickstarterIndieGoGoを初めとしたクラウドファンディングがITやスタートアップ界隈以外にも広まってきております。

最近は○○特化型のようなクラウドファンディング等もよく見かけるようになってまいりました。

例えば今回の知事選で一躍時の人となった家入一真氏が以前立ち上げて物議を醸した学費の為のクラウドファンディングのStudygift

そのほかにはアート特化型のFUNDIY等があります。

私が個人的に注目しているのがスポーツ特化型クラウドファンディングです。

track

サポーターが選手を応援すると言う点においてスポーツとクラウドファンディングは非常に親和性が高いと思います。

以前からCAMPFIRE等ではスポーツ選手やチームを応援するといった企画はありましたが、

分野ごとに特化することによってターゲットを絞り込んでより効果的に資金を集めることが可能になって来てますね。

証拠にスポーツ特化型のクラウドファウンディング、現在ググってすぐ発見できるだけでも既に3つ存在してます。

今回はその3つを色々と調べてみました。

アスリートエール(Athlete Yell)

049441a1e321af5c7887afa07f31fc85_s

運営団体:一般社団法人アスリートエール
公式HPによると

「2010年6月から試験運用を開始し、実験期間を経て、2012年11月より一般社団法人体制にて本格スタート」

とのこと、試験運用期間も込みで考えると約3年半になります。

FBページのいいね!の数も現時点(2014年3月)で1,635人、現在最大手。

サービスそのものと運営団体が同じで、一般社団法人というのも特徴。

公益性で言えば間違いなくNo.1。

スポーティー・ファンド(Sportie FUND)

運営団体:株式会社スポーツITソリューション (Sports IT Solution, Inc.)
資本金:4,000万円
株主:株式会社クララオンライン(51%) 株式会社電通(49%)

building

代表取締役会長が家本賢太郎氏、代表取締役社長は元電通社員の石元龍太郎氏

そもそも、この株式会社スポーツITソリューション (Sports IT Solution, Inc.)という会社自体が電通の社内企業制度によって創設された会社とのこと。

ムジカラボ | 第19回 石元 龍太郎 「21世紀のより良いスポーツ環境の実現を目指す。」

電通のバックアップがあるので今後潤沢な資金やメディアを通じたプッシュなどの強みを駆使し、アスリートエールの牙城を崩しにかかってくるかもしれませんね。
会社の設立が2010年2月24日なので、アスリートエールとはほぼ同時期に立ち上げたと考えて良いでしょう。
そしてもう一つの大株主である株式会社クララオンラインという企業は中国やシンガポールを拠点にホスティングや通信ビジネス等をやっている会社。

ちなみにFBのいいね!数はスポーツ・イノベーション・ラボ(スポーツITソリューション)の名義で700人ちょっと。
大体アスリートエールの半分ほどですね。

ALLEZ japan(アレ!ジャパン)

えっ、どれ?

de58cae8b3613951765c0a6db5c71236_s

個人的にはネーミングセンスに問題があるような気がしますがいかがでしょうか・・・。

運営団体:有限会社サイバービジョンコンサルティング
代表者:田村 聡
事業内容:
・ WEBサイトデザインおよび制作
WEBサービス構築および運営
・ 商品開発、販促等のコンサルティング
システム開発
・ トライアスロン、オープンウォータースイム用ウエットスーツ開発
・ ビーチテニス用パドル(ラケット)デザイン
・ その他商品開発

なんだか色々やってんなー。という感じ。

このご時勢に有限会社って凄いですね。

会社自体がスポーツの根底部分にがっつり関わっていて実利に関わる分、本気でスポーツを応援したいと言う熱意は伝わってきます。

実際、事業内容に関するスポーツの企画が多いです。

ただしFBページいいね!の数は260ちょっと寂しい感じ。

それもその筈TOPページにいいね!ボタンがない、というかどこにもない。

システムもGREEN FUNDINGという外注のシステムを使ってるようです。

スタッフにもグラフィックデザイナーと広報しか記述が無い。

ホントにWEBサービスの構築とかシステム開発なんてしてるの?という疑念がぬぐえない。

スポーツ クラウドファンディング」と検索するとアスリートエールより上位にくるみたいなのでそんなこたぁどうでもいいちゃあどうでも良いんですが・・・。

まとめ

色々ありますけど個人的に応援したいのはアスリートエール(Athlete Yell)かなぁ。

僕の周りのスポーツ業界に携わる人も、結構いいね!しているみたいだし一般とはいえ社団法人だから利益追求の株式会社よりは信用できそう


着れる!遊べる!ゲームボーイスーツ!【Raspberry Pi】


まずはこちらをご覧ください。


Playable Gameboy Cosplay – Ohayocon 2014

Ohayocon 2014というイベントで参加者の一人がゲームボーイ風コスチュームを着て参加していた模様。

このいかにもグッドモーニングな感じな名前のオハヨコンとはオハイオ州コロンブスで2001年より行われている漫画やアニメ、ゲーム等を扱うコミコンみたいなイベントショーらしい。

いかにもグッドモーニングな感じな名前だと思ってWikipediaのページを見たらやっぱり日本語の「おはよう」を文字ったらしい。

しかしまぁご覧の通り完成度がかなり高いw

カモンベイベーっと動画開始直後からノリノリな黒人のおにいさん。
Page 1_r2_c2

Dr.マリオをプレイしている様子。
Page 2_r2_c2

面白そう・・・。

あまりに馬鹿馬鹿しい(良い意味で)と思ったのか参加者の一人が学校のサークルやらゼミの実験か何かかとだ尋ねてます。

しかし即答真顔でNO
Page 3_r2_c2

スーツを着ているお兄さん「危険なスーツって言うんだ、ハッハッハ・・・。」
※防護服のSecurity Suitsに対して反意語のInsecurity=危険

 

Page 4_r2_c2

ギャグには全員総スルー。

プレイに熱中するお兄さん。

Page 5_r2_c2

 

しばしの沈黙・・・。(シュール)
Page 6_r2_c2

ここでカメラを撮っている人が録画したいのでゲームを交換してくれと要求。

てっきりゲームボーイの基盤を埋め込んでモニタや巨大ボタンに出力してるだけかなと思っていたのでちょっとびっくり

背中からスッとソフトを抜き出すと・・・。
Page 7_r2_c2

Dr.マリオに変わってテトリスのソフトを挿入
Page 8_r2_c2

ここでゲームボーイ兄さん「種も仕掛けも無い」とアピール

画面が切り替わって。
Page 10_r2_c2

テトリスが始まりました。
Page 11_r2_c2

プログラマやエンジニアの間では有名な小型のコンピュータのRaspberry Piを使用しているらしい。

WEBプログラムを少し齧った位の自分は結構名前は聞くけど実物は見たこと無い。

しかしこういう人たちって人生楽しそう。

ひとこと

そんなことよりオハヨコンの公式HPに掲載されていたアメリカの声優Brittney Karbowskiさん(27)がかわいい。

Brittany Karbowski